児童虐待かなと思ったら、まず相談

ちょっとした「目くばり」「気くばり」で、子どもを虐待から救えます。「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)を。