平櫛田中彫刻美術館 企画展 小平と平櫛田中 最晩年の暮らしを潤した小平での歳月

平櫛田中は昭和45年に台東区上野桜木から小平へ移り住み、昭和54年に107歳で亡くなるまでの約10年間を小平で過ごしました。

この時建築した邸宅は、現在、平櫛田中彫刻美術館の記念館として公開しています。
展覧会では、小平で過ごした田中の最晩年の暮らしぶりに焦点を当て、作品、資料とともに紹介します。

とき:2月24日(日曜)まで 午前10時から午後4時まで
※なるべく午後3時30分までに入館してください。

ここに掲載されている情報は、市報情報をママ目線で選び掲載している情報です。